Home > News > 亜細亜大学「特別講義 キャリア合同授業」に弊社矢田が登壇しました

ニュースNews

亜細亜大学「特別講義 キャリア合同授業」に弊社矢田が登壇しました

2021年6月15日

2021年6月10日(木)に弊社矢田が、亜細亜大学の国際関係学科の全3年生が参加する合同授業に、特別ゲストとして登壇しました。

3年目となる今回は、弊社代表・渡辺からバトンを引き継ぎ、現在新卒入社6年目として最前線でキャリア支援を担うエグゼクティブコンサルタント矢田が担当。
130名程の学生の皆さんに向けて、変化するキャリア設計の前提、キャリアビジョンの見つけ方、キャリア戦略を実現する方法を、若手層の支援事例を豊富に持つ矢田ならではのエピソードを交えてお伝えしました。
講演後も質問が絶えず、皆さん自身の将来へ熱い想いを感じました。

授業終了後のアンケートでは、「就活・社会人人生に希望を持てた」との声が多く寄せられ、弊社スタッフ一同大変嬉しく思っています。
コロナ禍での就活に不安を抱える学生の皆さんに、将来の一歩を踏み出すため勇気を少しでも持っていただくことができれば幸いです。

本講義を企画いただいた国際関係学科・久野新教授をはじめ、亜細亜大関係者の皆様、そして真摯にご参加いただいた亜細亜大の学生の皆様、誠にありがとうございました。


受講された学生の方の感想を一部抜粋して以下に掲載いたします。

本日は、貴重なお話をしていただきありがとうございました。
「好きのエッセンを抽出する」や「ノックアウトファクター」、「ライフプランクエスチョン」といったキャリア設計に関するお話はとても充実した内容でした。就活に不安があるなか、このように明確にご教示いただけたことはとても強い励ましであり、有力な知識となりました。本当にありがとうございました。

どのようにキャリア設計をしていけば良いのかが分かり、就職活動へのモチベーションが上がりました。私も何か、目標を持ってこれからの就職活動から自分の将来のことを考え、自分の手で充実した生活を送りたいと思います。
改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

とても面白く自分の今の不安な気持ちを吹き飛ばすとても有意義な時間でした。
自分は仕事を難しく考えすぎていて、また理想を高く考えすぎてしまっていました。
キャリアの階段を作ってキャリアアップをはかっていくと聞いて、不安が取り払われました。本日はお忙しい中ありがとうございました!

正直コロナの事もあり、この1年半学校にも通えず、周りの状況も分からないので就活というものが不安でしかないというのが本音ですが、矢田先生がおっしゃるように動いてみるというのが大切になってくるのだと感じました。
例年とは違う就活になりますが、後悔はしたくないので頑張りたいと思いますし、同じ女性として、若くから成功していらっしゃり、人と関わり何か影響を受け希望を見出して欲しいという矢田先生に勇気を貰いました。
本当にありがとうございました。

素晴らしい講演をありがとうございました。
好きなことを仕事にできる人はほんの僅かであるとよく耳にするので、私は自分の好きだと思うことなどは無視して、とにかく入れる企業に進もうかなと浅はかな考えを持っていました。
しかし先生のお話をお聞きして、自分で自分を分析してもっと企業について調べなくてはならないと思いました。
今までは受け身の姿勢で行けるところに行こうと思っていましたが、自分で探していくことが大切だと思います。
人との関わりを有効に活用して、どんどんいろいろな人と関わっていきたいです。

自分は就きたい職業がなく、また今の時期何をしたらいいのか分からない状況だったので、今回の矢田先生のお話はとてもありがたかったです。
特に好き嫌い診断と、夏のインターン申請は早急に行おうと思います。

キャリア設計の大切さ、好きなことを通じて他者や社会に貢献することの喜びを、引き続き多くの学生の皆さんにお伝えしていきたいと思います。

Facebook にシェア
Pocket

Home > News > 亜細亜大学「特別講義 キャリア合同授業」に弊社矢田が登壇しました