人材紹介サービスの理念Our Philosophy

photo_our_philosophy01.jpg

次世代経営リーダーの採用が企業の生き残りを左右する時代

近年、経営に高い専門性をもつ次世代経営リーダーの採用の重要性が急速に高まってきています。その背景として、第一に、「自社の人材だけでは現代の経営課題に対応できない」という実情があります。ITの大幅な進展で変化が加速するとともに経済活動のボーダレス化が進んだ結果、目前に複雑な経営課題が次々と出現して自社の人材の手に負えなくなりつつあります。グローバル経済において、業界の枠組みを超えた経営課題を迅速に解決していくためには、優秀な経営者や経営幹部候補を外部から採用せざるを得ない状況になっています。第二に、「経営リーダーが会社に与えるインパクトが極めて大きい」という実情があります。経営リーダーは、会社の業績および風土に対して、善くも悪くも大きな影響を及ぼす諸刃の剣となります。外部から採用した経営リーダーが会社を掻き回して辞めていく事例も数多く見られます。会社にポジティブなインパクトをもたらすためにも、いかにして自社に適合する経営リーダーを採用するかは極めて重要な課題となっています。今まさに、優秀な次世代経営リーダーの採用が企業の生き残りを左右する時代を迎えていると言えます。

photo_our_philosophy02.jpg

優秀な次世代経営リーダーを採用する"4つの条件"

このような現状を受けて、多くの企業が優秀な経営リーダーの採用に力を入れています。しかしながら、ミスマッチが発生して採用担当者を悩ませているのが実態です。その原因は、優秀な次世代経営リーダーを採用するための"4つの条件"のいずれかが満たされていないことにあると考えられます。第1条件は、「適切な採用ターゲット設定」です。自社にフィットする人材要件の検討不足や現実離れしたターゲット設定では、対応する人材が見つかりません。第2条件は、「効果的な採用方法の設定と実践」です。ターゲット設定が適切でも、アプローチが間違っていては必要な人材を採用できません。第3条件は、「志願者の適切な進路選択」です。志願者本人の人生を見通したキャリア戦略に適合する会社でなければ、せっかく入社しても短期間で辞めてしまいます。第4条件は、「志願者の入社前コンディションづくり」です。入社前の適切なコンディションづくりを怠ると、立ち上がりや難局の場面において崩れやすくなります。つまり、優秀な経営リーダーを獲得するには"4つの条件"全てを満たす必要があり、いずれかの条件が満たされずにミスマッチが引き起こされるケースが頻発しているのです。

photo_our_philosophy03.jpg

次世代経営リーダーの採用を支える本質的な人材紹介

企業が優秀な次世代経営リーダーを採用する一連の活動を本質的に支援するために、私たちは前項の"4つの条件"を満たす人材紹介が必要であると考えました。それは、「優秀な次世代経営リーダーを束ねるプラットフォームとして、高い専門性をもつキャリアコンサルティングを提供する」人材紹介の実現を意味しています。そこで、私たちは常に優秀な経営幹部層およびプロフェッショナルたちが集う環境を整え、戦略コンサルタントや投資銀行出身者を擁するキャリアのプロ集団として人材紹介に従事しています。採用企業様に対しては、次世代経営リーダーの最新動向に関する無料の情報提供や採用戦略づくりをサポートします。また、候補者に対しては、立ち上がりの早さとパフォーマンスの高さを引き出し、入社後の困難を乗り越えるマインドセットを形成します。「次世代経営リーダーに関する実践的な採用アドバイス」「即戦力としてパフォーマンスを発揮させるコンディションづくり」を展開することで、変化のスピードが極めて早い現代において、企業が優秀な次世代経営リーダーを採用する力となりたいと考えています。